貧乏ゆすりは良いのか悪いのか

2019/04/16 ブログ

坂戸市の整体院 直 より・・・

 

こんばんは

院長の中田です。

本日もブログをご覧いただきまして有難うございます。

 

今週に入って暑い日が続いています。

電車内も冷房を入れる時間が増えてまいりました。

体調管理は大丈夫でしょうか?

 

ところで、皆さまは貧乏ゆすりをしたことは有りますか?

座っていると足を動かす方がおります。

端から見たら貧乏ゆすりは気分が悪いとお思いでしょうが、実は体にとっては重要な事なのです。

 

筋肉は15分以上動かさないと硬くなっていくと言われています。

再三ブログで書いておりますが、筋肉が硬くなる事で良い事は全くありません。

血流も滞りますし、硬くなれば他の筋肉に負担が掛かりやすくなります。

時間が経てば、全身に負担が掛かってしまいます。

 

その為、脳は筋肉を動かす様に命令します。

自分でストレッチや運動が出来ればそれで良いですが、出来ない場合は無意識に体を動かす様になります。

これが貧乏ゆすりになってくるのです。

 

ですから、貧乏ゆすりが出ると言う事はそれだけ筋肉が硬くなっている事なのです。

 

対処法は定期的に体を動かす事です。

ストレッチに時間を掛けられればいいのですが、仕事中には流石に動けないでしょう。

そういう方はまず自発的に足を動かして下さい。

特に膝を開いたり閉じたりして太腿を動かすと、大きな筋肉なので血流が良くなりますし、太腿内側に筋肉は骨盤を経由して腹部に繋がっていますので、腰痛にも効果的です。

これから冷房がかかれば足元から冷えてきますので、太腿の血流が重要になってきます。

 

知らない内に貧乏ゆすりするなら、自分から足を動かしてデスクワークからくる腰痛を減らしてあげましょう。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

埼玉・坂戸市で唯一の腰痛専門整体院

整体院 直

10:00~21:00 不定休

予約はお電話もしくはメールでお願いします。

TEL:080-8876-9309

メール:seitainao0328@outlook.jp